転んでは滑り、滑っては転び。でも、テレマークスキーは転んでも悲壮感がないのです。不安定さのなせるわざでしょうか、いつも笑顔なのです。