2014/04/09

雪に未練は数々ござる

一点、目に見えて成果は上がったものの、何する間もなく終わった感のあるシーズンだったかも?いやいや、まだ終わってはいないよ、とも思う。未練たらたら上等、かっこよく区切らない。きれいになんか生きようと考えず、ありのまま汚れてナンボでしょ。

重いの甘いのとがたがた騒ぎつつ、この板も買い替えずにまだまだ使うんだろうな。それって愛着とも言えるけど。

まとまらない。完結しない。決めない。

20140409

| | コメント (0)

2014/03/26

そだつ、そだてる、そだちのとき

ああ今年はなかったな、と思うと、別の何かが思わずあったりするもので、みえない流れに乗ってものごとは一所にとどまらず何れかの方向へ進んでゆくのであります。

というわけで、乗りかかった舟、そして育ちかかったコブレーン。来年へ向けての「道」のひとつです。雨が季節をとかす音を聞きながら、そんなことを考えています。

20140326

| | コメント (2)

2014/03/12

恵みの雪

弥生のパウダー、キター!

歩く、歩く、のぼる、すべる、また歩く、すべる、すべる。
素直に楽しい。

時には頭をからっぽにせよ、と、どこかから声がきこえたような気がした。

自然は大きい。許容量が思いのほか広いから、空しいパウダー争奪戦もない。のぼらなくてはすべれないから、のぼりたくない人は来ないもの。

そこはそれぞれ自分で決めればいい。

20140308

| | コメント (0)

2014/03/06

長靴の日々

「その時」が訪れたようで、品物が向こうからやってきたかのように目の前に現れましたので、ここぞと投資。

かたくてまだついていけず昨日のところは2本が限界、しかし、いつかいつか涼しく乗りこなしてくれようぞ!春は鍛錬の季節、もっともまだまだ世間でいうところの春にはほど遠いのですが、そんな日数は長ければ長いほどありがたいです。

20140306

| | コメント (0)

2014/02/27

『雪』飾

以前モーターサイクルで走りまわる用のあったルートの近くには雨乞棚という名の山があったけれど、察するにこちらも同義かな?

ピークハントは目的じゃない。具合のいいところまでのぼって誰もいない雪を滑る冒険。自分と向き合えた、仲間の増えた、いい1日でした。

20140227

| | コメント (2)

2014/02/09

砂井田坂

滑り倒して下山はここから。コブコブ急斜面で終わった脚をさらに仕上げましょう。

大雪の前でしたがそれでも林間にはフワフワがいっぱい!さすがのN沢でした。最近いつも急いでいて外湯を巡る時間がないのが残念です。でも、それはそれ、これはこれ。

20140207

| | コメント (4)

2014/01/24

橅の森にて

葉のないブナはただのブナだ?
じゃ、ただのブナってなんだ?

その答えは知らないし求めてもいないけれど、真冬の巨樹の森をのぼるときはときめきます。

ここに立つまでに、深雪の斜面をのぼること4時間。
我が家と似たり寄ったりの標高の、豪雪地帯北信の山。手強いよ!もちろん適切な装備も必要。しかし一番大事なのは折れない心とあらん限りの体力。

ともに歩いてくれる人がそばにいてくれるとしても、自分は自分で運ぶしかないんです。毎日そうといえばそうだな、と思い出しに、山へ行くんじゃないだろうか?なんてね。はじめて旦那ちゃんから手ほどきを受けた小さな始まりのときから10数年、滑るだけがスキーではないことを知るところまで至ることができよかったです。

20140123

| | コメント (2)

2014/01/09

と言っても、雲の。

慣れた場所ですがあまり見ることのない、高所の海です。

厳寒期にぽっかりと信じられないくらい温かかった今朝の演出。明日はまた極めて寒いいつもの予報に戻り、ほっとするのはなぜでしょう?

「普通に」寒い日はトイレの朝の気温が-10℃だったりするのが「普通」です。凍らないよう凍結防止帯で上水を温めるのが極寒冷地の「普通」ですが、わが家は「普通」ではないので毎晩水抜きすることで凍結を防いで就寝します。昼間も気温が上がらなければ通水せず、朝昼の食器洗いなどを汲み水ですることもあります。

そんな、信じられないような気もするかもしれない暮らしですが、雲の海はまるで、手を伸ばせば掴めそうじゃない?

20140109

| | コメント (0)

2013/12/20

白の白の白の白

世間の休みはわたしのシゴト、世間の平日はわたしの休み。3連ご奉仕突入前日のひと滑りはなかなかよかったな。お山の本番で脳みそとろける前に、シーズン始めはホームゲレンデで日々鍛錬。春夏秋はイベントに追われているから、せめて冬の間、暮らしのスケジュールをできるだけ自分で決めよう。

いつかできなくなるその日まで。

20131220

| | コメント (2)

2013/12/07

冬が始まった

白いスポーツジムのオープニングセレモニーは、たくさんのハグと久々のおしゃべり。そして筋肉痛、のち、しもやけ(笑)

いいのだいいのだ。雪来たりなば友遠からじ。

20131207

| | コメント (4)

より以前の記事一覧