2014/09/22

不作どころか

もはや凶作のレベル。刈り取りはしましたが、今年の新米は全く期待できません。あの気候では致し方なし。現代ですから金銭で不足の飯米を買い足すこともできますが、昔なら飢饉でしょう。食べ残している古米や古々米を辛抱して消費せよ、という学習の機会です。

20140922

| | コメント (2)

2014/07/04

鍋底

といえば景気の話じゃないが、景気がよくなっているって、どこで?

「鍋底にぴったりのヘラはある?」と、初めてあんずジャムに挑戦するとき師匠に聞かれました。当時手持ちのこのヘラがまさにそうだったのだけど、以来ここまで10年以上ずっとのつきあいで、ますます鍋底ぴったりにチューンナップされてきたような?

足のはやい材料に追われる仕事がやっと一段落しました。

20140704

| | コメント (0)

2014/06/21

むこうがわ

その時がおとずれ、キャベツがひそやかに葉を巻きはじめました。防虫網越しの世界です。

なにごとも、自分の手のうちにあるようで、ほんとうはそうでもなく、ぼんやりと紗がかかった手の届かない出来事みたいな気がしてきたな。
しかし、まあ、そんなものでしょう。それがどうしたの?です。

「植えみてが近いね」たぶん彼女とわたしにしかわからない暗号を、遥か電話のむこうから母が送ってよこしました。ああ、そうか。おぼえているんだな。

20140621

| | コメント (0)

2014/05/25

寒冷地仕様

今年は菜園の西半分(画像)が野菜、東半分がトウモロコシ。トマトは雨よけではなく、ビニールハウスでやっと9月に実ります。6月でも遅霜とは呼びません。だから苗ものはトンネルか、肥料袋の行灯仕立てです。マルチは地温を上げるための必須アイテム!

もうひとつの菜園は、南半分がトウモロコシで、北半分が野菜と芋と豆です。

ありったけの種を次々と播く時季、冷夏の予報が心配ですが、今できることを今。

20140525

| | コメント (2)

2014/05/20

小さな田んぼのものがたり

今年も始まりました。オペレーター待望の復活、掘りまくり。畦板を埋めて準備完了、週明けは田植えかな?

そこそこ古いけどちょっと大きいトラクタが来ました。バケットつきです。例によって買ったのでもお金を払って借りたのでもなく、好きに使っていいぞ、という物件。捨てるにしのびないんでしょうね。使わせてもらう側はほんとに申し訳ないくらいありがたいのですが、使うこと自体が貸してくださる方への一番のご恩返しなのかも。

20140520

| | コメント (2)

2014/05/15

機械化

時間と体と知恵を使って石油を節約するか、技術と石油で時間と体を節約するか?今年は田んぼの親方に機械を借りて作業したので、後者です。雨と仕事の合間にあっという間に畝をつくることができました。

少しずつ流れはじめた感じ。
3週間止まっていた人もどうにか動き始めました。ありがたいことです。

20140515

| | コメント (2)

2014/05/07

まーまー

そんなんいわんと夏みかんの皮でも煮て食べて・・・・

連休?なにそれ?くうねるはたらく、おわり。

20140507

| | コメント (0)

2014/04/05

山の人

のぼる用がなくても、滑る用がなくても、山はありがたい。

次の冬、もう準備中。

この春はチェンソーを教わった。下手ながら斧も振る。
いつも、できることをひとつずつ、すこしずつ。

20140405

| | コメント (2)

2014/01/21

山のめぐみ

・・・・といっても、何もかも雪と氷に埋もれ、蓄えの根菜にすがる毎日です。

そんな中に一筋の光明アイテムが!

「溶岩プレート」

この最強にして最終兵器は、我らがお山の産物なのです。

初期設定後は油をひく必要はなく、焦げず、煙もほとんど出ず、後始末かんたん!広い家なのにワンルームで生活する我が家では、においがつくのをを嫌って鍋さえ禁止、焼きものなんてもってのほかだったのに?自然の力がその掟をあっさり覆しました。なんてことない根菜が大層ごちそうです。

製造元さんによりますと、次期生産は4月以降の予定だそうです。

20140121

| | コメント (6)

2013/12/03

越冬に備えて

24時間完全暖房の家ならどうだか知りませんが、古家ならば例え屋内に置いたとしても野菜が凍ってしまうのが高原の冬。多くの保存食をつくって備えるほか、根菜やかたい葉野菜などを床下収納のような定温庫「室(むろ)」に入れたり、畑に穴を掘って埋けたりして越冬保存するんです。

今年はジャガイモが豊作だったので、たくさん室に置いてせっせと食べることにします。そんなのその都度買ってくればいいのに?そうですね、買える人はつくって保存なんかせず、買うんじゃないでしょうか?ただ、わたしはそういうの好きじゃないから、ここで暮らす以上、できる限りこうしたいです。

上司テロの危険は限りなく排除に近い結果に落ち着きました。戦いはできるだけ短く効果的に、秘密工場に愛と平和を。

20131203

| | コメント (2)

より以前の記事一覧