« 9.27その後 | トップページ | 『噴』 »

2014/10/03

9.27から6日

お山の上で「救助」を待つ「人々」は既にbodyなのだと海外ニュースに突きつけられる現実。いつか死ぬのはしょうがない、という内容の最近読んだお医者さんのコラムとどこかつながり、かさなる。

では生きている人のできることは?今日できることをやること。シンプルにそれだけ。例えば、終わったと思った黄緑色のボールとのおつきあいが復活、まだまだ続く、とか、そういうこと。

シンプルに考えられない人が世の中にたくさんいて、自分もしばしばそのひとりであることよ。しかし今回はそうじゃない。近すぎて、リアルすぎて。

20141003_2

|

« 9.27その後 | トップページ | 『噴』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。